2017年5月27日(土)HCD-Netの2017年度春季HCD研究発表会でポスター発表をしました。

2017年5月27日(土)HCD-Netの2017年度春季HCD研究発表会でポスター発表をしました。


【予稿】

※DropBoxへのリンクをつけています

【ポスター】



【発表の様子】

■発表のポスターなどの配置

■発表の様子1

■発表の様子2


【いただいた質問/コメント】

・[質問]情報設計とビジュアルデザインがズレるケースとして、組織に何らかの力学が働くケースがある。例えば、デザイントレンドとして○○を採用することが決まっている、など。そういったケースも考慮が必要なのではないか。
→ その通りだと思います。あくまで今回は、IAとデザイナーの間の部分で、これだけで解決できるものではないかと思います。


・[コメント]昔は、今のように分業が進んでいなかったため、IAもデザインも1人で行っていた。
→分業による弊害でもあると認識しています。


・[質問]DDD(ドメイン駆動設計)が挙げられているが、考察に用いているSCAT(Steps for Coding and Theorization:質的データ分析手法)でよいのではないか。

→ SCATはあくまで質的データ分析手法であり、ユーザーの言葉をそのまま概念としているわけではない。分析者の言葉となっているため、共通認識をつくるという部分に焦点を当てているわけではない。


・[コメント]質問者の方のチームでは、デザイナーとIAを巻き込んでスクラムを実践している。そこで出てきたTryは、Wikiに記載するなどしてチームのルールとしている。無理にDDDなどを考えなくても、そういった活動でもよいのではないか。

→ それも一つの方法であるし、デザイナーがスクラムに適応できるならそれでよいと考えます。

・[コメント] Web制作をやっていて、DDDはそれだよなという感覚がある。実際にそういう活動をするとなるとどうなるか

→本質的には、DDDは開発手法なので、コード実装を含む形になる。デザインで言えば、CSSをオブジェクト指向的に書くようなことが必要になりそうです。


0コメント

  • 1000 / 1000